2007年09月11日

「一冊の手帳で夢は必ずかなう」熊谷正寿、かんき出版

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿
かんき出版 (2004/03/24)
売り上げランキング: 4,218
おすすめ度の平均: 4.2
5 バイブルサイズのシステム手帳の使い方
4 手帳持ちとして参考になりました。
5 この本から学ぶことは手帳の使い方だけではない


(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


●愕然とした一冊でした。それは、書いてあることがすごいからではありません。書いてあることは、だいたい知っていることばかり。しかし、何が私と熊谷さんで違うのか?と考えたとき、それは明確な夢と夢への計画と実行です。


●知識ではぜんぜん負けていない。でも、成果は違う。よく考えると、このメルマガは自分が本を読むために発行したもの。本を読むのは、生活を豊かにしたり、仕事で成果を出すためだったはずです。しかし、最近、メルマガを発行すること自体に力をかけすぎていたのではないか?と反省しました。


●メルマガは本を読むための道具。これからは、それよりも仕事の夢と夢への計画と実行のほうにウェイトを置いていきます。これまでメルマガに2時間弱をかけていましたが、1時間に縮小します。さて、私の人生はどう変わっていくのでしょうか。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・手帳は、人生をマネジメントし、夢をかなえてくれる強力なツールになるのです。「一冊の手帳が、人の一生を左右する」これは、決して大げさではありません。(p1)
<本当です。これからもっと活用します。>


・夢をかなえる方法の一つ、それは、手帳に書くことです。手帳に、自分の夢を書き込むのです。(p16)
<もっと、書いて書いて書きまくります。その時間を作ります>


・「やりたいことリスト」を作るときは、誰にも見せるわけではありませんから、「分」など考えずに自由に発想することが重要です。(p31)
<ある人は自分の考えの100倍を目標にしなさいと言っています>


・最後に、夢や目標を実現するためには「いつまでに何をすればいいか」を考え、年数分のステップに分けて、毎年の目標を設定します。(p45)
<これまでは、ここの毎年の目標設定があいまいでした。これから、ちゃんと考えます。>


・「数値化できない目標は目標ではない」とまで考えています。(p96)



「一冊の手帳で夢は必ずかなう」
熊谷正寿、かんき出版(2004/03)¥1,470
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)
posted by 本のソムリエ at 20:07| 手帳の書籍・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

「凡人でも面白いほど進化する成功手帳術」下川 浩二、河出書房新社

凡人でも面白いほど進化する成功手帳術

【私の評価】★★★★☆(81点)


■著者紹介・・・下川 浩二(しもかわ こうじ)

 1962年生まれ。大学卒業後、証券会社で10年間営業を経験。
 その後、外資系生命保険会社で営業を11年経験。
 平成17年に小資本成功実現研究会を設立。
 下川式成功手帳を考案し、自ら実践・活用している。


─────────────────

■手帳に興味がある人は必見の一冊です。


■この本で紹介している下川式手帳の特徴は、
 自分でシートを印刷して作ること。

 毎年リフィル代を払う必要もありませんし、
 自分でカスタマイズしていけるのです。

 ・自分に合った手帳シートは自分で作れ(p22)


■そして、中身としては、今日やることリストだけでなく、
 自分を見つめて、成長した点、反省する点を
 書くことを推奨しています。

 さらにアイデアを書く欄を作ることで、
 アイデア手帳にもなっています。

 ・これが川下式成功手帳だ!
  目標に結びつく重要な活動
  未完了リスト・先延ばししたこと
  今日ひらめいたアイデア
  今日の成長記録
  打ちっ放しメモ
  自分を元気にする言葉・格言
  自分自身のよいところや成功体験を3つ毎日継続して書く(p46)


■さらに、手帳を継続するための仕掛けとして、
 自分の良いところや成功体験を書く欄があります。

 自分を褒め続けることで、自分を信じる気持ちを
 育てるわけです。

 ・来る日も来る日も自分をほめることを書き続けるのです。・・・
  もともとレベルの高い人は、根拠のない自信を持っています。
  ・・・しかしながら、私を含め普通の人が自信をしっかりと
  維持することは、なかなか難しいこと(p104)


■私も手帳についての無料レポートを作っていますが、
 この本の内容でさらに進化できそうです。
 ★4つとしました。


●「【本のソムリエ流】夢をかなえる一日一冊手帳術」New!!


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・新しいアイデアを書き出す習慣を持っていると、
  そのアイデアを実践してみようという実行力も
  身についてきます。(p79)


 ・ハガキをドンドン書いてみましょう。
  ほんとうに、未来が変わりますから。(p70)


▼引用は、この本からです。
凡人でも面白いほど進化する成功手帳術
下川 浩二
河出書房新社 (2006/11/21)
売り上げランキング: 62696
おすすめ度の平均: 4.5
4 「自分だけの手帳」を作るためのいい参考書
4 アイデア帳
5 来年の手帳は、これに決まり!


【私の評価】★★★★☆(81点)


■関連書評■
a. 「1日3分「夢」実現ノート」岡崎太郎,フォレスト出版
【私の評価】★★★★☆

b. 「一冊の手帳で夢は必ずかなう」熊谷正寿、かんき出版
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!
ラベル:手帳 成功 手帳術
posted by 本のソムリエ at 12:57| 手帳の書籍・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。